TRUST飲食リースで開業.com
  • 0120-742-110【電話受付】平日8:30~20:00
  • 現地調査・お見積り無料

融資のための
事業計画書作成支援

金融機関出身の経営コンサルタントが
融資の審査に通りやすい事業計画書を作成し、
金融支援獲得をサポートします

飲食店の開業資金や運転資金を調達するためには、
金融機関などに「この店に出資する価値がある」と感じてもらう必要があります。
その際、店舗の魅力や将来性を伝えるために提出するのが「事業計画書」です。

飲食店を開業するオーナー様は、自分のお店に対するアイデアや計画をお持ちだと思いますが、
そのビジネスプランをきちんと「事業計画書」の形にしていますか?

トラストでは、金融機関の融資を受けたいが、忙しくて計画書を書く時間がない、
何をどう書いたらいいか分からない、というオーナー様のために、
専門家による事業計画書作成代行サービスを行っています。

融資に詳しい金融機関出身の経営コンサルタントが審査に通りやすい「事業計画書」を作成します。

Business plan事業計画書とは?

金融機関などに融資を依頼する際、資金提供者に事業の魅力や将来性を伝えるために提出する資料が
「事業計画書」です。具体的な事業内容やスケジュール、売り上げ予想などをまとめます。資金提供者は、
この計画書をもとに事業に投資する価値があるかを判断します。

事業計画書とは?

purpose事業計画を作る目的

  1. 1資金提供者から融資を受けるため

    事業計画書を作る一番の目的は、金融機関などから融資を受けることです。
    融資を受ける際は、まず初めに事業計画書を提出し、書類審査を通過した事業者が面談に進みます。
    そのため、将来性や実現性のあるビジネスであること、また融資を受ける場合は返済計画が確実であることを、
    事業計画書の時点で資金提供者にしっかり理解してもらう必要があります。

  2. 2不動産契約・補助金・助成金の申請のため

    事業計画書は不動産契約の際にも役立ちます。店舗物件を契約する際、事業計画書を用意することで経営の信頼性を高め、
    安心して賃貸契約を結んでもらえる効果があります。
    また、補助金・助成金を申請する際にも事業計画書の提出が必要です。
    補助金・助成金は返済不要の資金調達方法ですが、需給には申請書の審査が必要なものもあります。しっかりとした
    事業計画を立てておくことで、事業の将来性が評価され受給の可能性も高まります。

serviceサービスの流れ

  1. サービスの
    流れ1

    ヒアリング

    ヒアリング

    経験豊富な担当者がヒアリングを行います。

  2. サービスの
    流れ2

    事業計画書の作成

    事業計画書の作成

    融資を受ける金融機関に合わせて審査に通りやすい事業計画書を作成します。

  3. サービスの
    流れ3

    納品

    納品

    作成した事業計画書をWordファイルで納品します。